ヤセさせて! 2008年08月

「ピュアオーガニック 20日目」の巻

2008/08/29  CATEGORY/未分類

シェアブログnyankoに投稿

ようやく夏のジリジリするような暑さからは開放され、
時折吹き抜ける風のなかにも秋の気配を感じるようになりました。

なのに、なのにですよ?!
我が家の愛犬「ねねちゃん」 はまったく食欲がありません。
まあ、オールシーズン食欲がないのですけれど。

それでもこのあいだいただいた「ピュア・オーガニック」という
ドッグフードはよく食べている方だと思います。

それはたぶんこのドッグフードが「無添加ドッグフード」だからでしょう。
おいしいものはわかるんですよ犬もね・・・だったらもっと食べろよ!

たしかに「オーガニック・ドッグフード」というだけのことはあって、
添加物の不自然な香りがしないんですよね。

我が家の「ねねちゃん」は、いよいよアレルギーかなにかを疑った方がいいかな?
だとしたらアレルギーを持つ犬用の「プレミアム・ドッグフード」 にしないとね!

秋だから食欲が・・・
「ピュア・オーガニック」 はおいしいんだけれど食欲はない「ねねさん」

スポンサーサイト

「こんな街にあこがれるう」の巻

2008/08/29  CATEGORY/未分類

シェアブログnyankoに投稿

我が家も早いもので建ててから四半世紀が経ってしまいました。
大きな地震も2回も経験しましたのでまさに満身創痍といったところでしょうか?

これから将来新築一戸建てを購入したり、リフォームしたりということは考えづらいです。
でも、パンフレットやサイトを見たりして妄想するのって楽しいですよね?

三井不動産レジデンシャルの住宅シリーズを見ていたら
環境創造型大規模開発「パークシティ」というのが目に止まりました。

もともとの街があった場所の自然(山や海や川など)を邪魔しないように
街全体を開発するそうです。

街のいたるところに「パークシティ」の街づくりがされて
並木道に植林までされるようです。オシャレですよね!

こんなところにある新築マンションだったら住んでみたいのは山々ですが
我が家はこの家と抱き合い心中ですよ、きっと。

「マイホーム・・・まさに夢だね」の巻

2008/08/29  CATEGORY/未分類

シェアブログnyankoに投稿

我が家はもう建ててから四半世紀がたち、だいぶみすぼらしくなってきました。

この家を建てたのは私の父で、当時私は小学生・・・。
マイホーム購入計画を聞かされたときのウキウキ感はいまだに心に残っています。

そして建築 設計事務所のなまえも担当者の方の名前すらもハッキリと思い出せます!
ただ残念なことに、カオだけは思い出せないんですよねぇ・・・。

私がこの先まかり間違って家を建てるようなことがあるとしたら、
まず設計事務所の担当者の方の人柄を見ますね!

できるだけ小回りの聞く地元の小規模でもマジメにやってらっしゃる工務店がいいですね!
個人的なイメージで申し訳ないんですが、小さいお店のほうが対応がすばやい気がします。

何十年にもわたって人が住もうというのですから、肌理細やかな配慮をしていただかないと
今度はカオどころか名前すら憶えてあげませんよ、担当さん?

「光に乗り換えるタイミング?」の巻

2008/08/29  CATEGORY/未分類

シェアブログnyankoに投稿

みなさんのインターネット環境はもう光回線でしょうか?
私も当然のことながら(?)光回線を導入しています。

光回線は以前のダイヤルアップなどとは比べ物にならない
大容量のデータの送受信ができます。
私はオンラインゲームなどを楽しんでおりますが。

消費者の観点からしてブロードバンドサービスを選ぶ基準となるのは
やっぱり第一には利用料金の安さでしょうね。

かといって安いばかりではダメなんですよね。
ダウンロードが遅かったりするとイライラしてしまいますよね?
しっかりとしたサービス内容が備わっていて始めて契約となると思うのです。

つまり、値段に見合ったもしくはそれ以上のコストパフォーマンスが必要ってことですね。
消費者はコストパフォーマンスに優れたサービスの中からよりよいサービスを探すのです。

「フレッツ光」の正規代理店ラスポシステムでは、日本hpのノートパソコンが
4万円引きの「29,800円パソコン」として買えてしまいます!限定200台まで!

さらにお申し込み内容に応じて「最大30000円キャッシュバック」だそうですから、
「フレッツ光」 に乗り換えたい方は今がチャンスかもしれませんよ?

「敬老の日の思い出はナッシング」の巻

2008/08/29  CATEGORY/未分類

シェアブログnyankoに投稿

私にはざんねんなことに物心付いた頃から
おじいちゃんおばあちゃんと呼べるような存在の人物はいませんでした。

だからでしょうかね? 突然敬老の日を祝ってほしいといわれても戸惑ってしまいます。
だって、いちどたりとも祝ったことなんてないのですから・・・。

子供の頃は友人がおじいちゃんおばあちゃんから
お年玉をたくさんもらったなんて聞くと悔しくてたまらなかったものです。

でも今は私の父と母が姪っ子たちにその役割を立派に果たしてくれているようです。
ただ、お年玉の件に関しては自信がありませんが・・・。

今年の敬老の日もたっぷりお祝いしてもらえるといいねっ!

敬老の日