ヤセさせて! 「紙資源革命!」の巻

「紙資源革命!」の巻

2009/01/21  CATEGORY/未分類

シェアブログkomatonに投稿

紙は日常生活においてなくてはならない存在です。

トイレットペーパーのような日用品から

コピー用紙のような企業で大量消費されるものまで。

 

ご存知のとおり紙は木から作られています。

地球上のいたるところでは森林伐採が

大きな問題となっているのもまた事実ですよね。

それはこの紙の大量消費が関係していることは

想像に難くありません。

 

山崎 敦義氏が社長をしている

株式会社TBMで画期的な紙が開発されて注目されているとか。

その名も「ストーンペーパー」

 

この紙はその名の如く

原材料の約8割が石灰石でできているため、

木材を一切使用せず、CO2の排出量が少なく、

水質汚染もなく、リサイクルも容易にできる。

製造技術についても世界48もの国で

特許を取得済みだそうですので、

これが次代のグローバルスタンダードになるんでしょうかね?

 

まあなんにせよ森林が保護されて

エコに役立つということはいいことです。

イメージ的にはトイレットペーパーには

むかなそうですが、どうでしょうか?

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://komato36.blog87.fc2.com/tb.php/4026-1fd4f939